Coaching

GiFTパートナーズのエグゼクティブ・コーチング


GiFT partnersでは、対話型・顧問型の1on1コーチングを提供しています。コーチングのスタイルは、無定形のダイアログです。セッションで扱うテーマは多様ですが、最終的には自分と対峙して、自己を深めます。

「自分は何者なのか?」「何を目指していて、何を手に入れたいのか?」「なぜ経営者という道を選んだのか?」。自己を掘り下げることで手にする自分軸によって、クライアントは、よりシンプルで自由な意思決定ができるようになります。



エグゼクティブ・コーチング × 臨床心理学

GiFT partnersでは、誰よりも多くの責任を負う経営者には全人的な成熟が求められると考えます。

志や目標を高く掲げることだけでなく、夢やビジョンを鮮明に描くことだけでもなく、そこに周囲を巻き込む力強さだけもでなく、自身の弱さと向き合い、受け入れ、さらけ出す勇気を持ち、他人の弱さにも寄り添っていける人間としての幅と奥行きを探求していくことは、コーチングというよりもカウンセリング(臨床心理学)の領域です。

能力の「高さ」や「結果」を求めていくことも大切にしますが、同時に、人間性の幅や余白を広げ、人としての「深さ」を耕していくことにも重きを置きます。

エグゼクティブ・コーチング × MBA

GiFT partnersでは、エグゼクティブ・コーチにはマネジメントに関する幅広い知見が不可欠と考えます。それは経営学者や経営コンサルタントに求められる専門性というよりも、経営者が置かれている状況を包括的に理解し、新たな可能性を未来に探っていく際の糸口と捉えています。

行先を共有するコーチが体系だった経営知識を持ち、それに基づいたフィードバックができることは、クライアントにとって大きなベネフィットです。

エグゼクティブ・コーチング × グローバル・
シチズンシップ

GiFT partnersでは、これからの時代の経営者には、営利・非営利関係なく、ビジネスを通して地球上の社会課題に挑む覚悟が求められると考えています。私たちは地球とどう共生をしていくのか。そのために何を解決し、どう新たな価値を生み出していくのか。

経営者はすべからく「世界をよりよくする志」を持つグローバル・シチズンであるべきです。

GiFTパートナーズのクライアント

GiFT partnersのクライアントは、ベンチャー企業の経営者が中心です。0→1気質を持ち、意思決定の全責任を負う覚悟と世界を変ようとする情熱があります。コーチとして彼らをサポートできるのは、この上ない喜びです。長くお付き合いしていただくケースがほとんどです。

コーチングの質を担保するためにクライアントの数は制限しています。営業は一切致しません。ご紹介を通して、ご縁のあった方とお仕事をさせて頂いています。セッションは、平均して毎月1回、1.5時間~3時間程度。ご要望に応じて柔軟に対応しています。